FC2ブログ
みなさま、こんにちは。

舞台機構の博電舎、営業部の宮下です。


何をするにも「平成最後」がつく、今日この頃。

平成最後の新年度、平成31年度ですね。

博電舎は社長賞の発表で、毎年4月がはじまります。
(西村さん、おめでとうございます!)


博電舎 東京営業所のある赤坂も
大手の企業さんがいくつもあり、入社式や研修バスを見かけました。

新しいスーツ姿が眩しいですね~。

…私は、舞台の世界で働き始めた時、
本当に厳しくて、ベテランさん達についていくのに必死で、
大好きな舞台の仕事なのに「希望に胸を膨らませ…」などという前向きなフレーズは何も浮かんできませんでした。

とにかく、めちゃくちゃ叱られてましたね~。

でも、何年かすると、
「叱られた」よりも「叱ってもらった」ということがわかりましたし、
何より、感情的に怒るのではなく、ちゃんと叱ってくれる人と仕事が出来てよかったなぁ~~…と思います。


さて!

新年度!!

私は担当している4月中旬から大規模改修工事がはじまるため、
(4月から作業に入る工事は、私たちの工事では比較的少ないです)
その準備を進めております!!

花粉に負けず、
チーム博電舎みんなで、今年度もよりよい舞台機構を納めて参ります。


それでは、また。

スポンサーサイト
2019.04.08 Mon l 日々つれづれ l コメント (0) l top
 お世話になります。 本社営業部の平野です。

 春だというのに、まだ寒い日が続きますね。


 本日、社長賞の発表がありました。

 年間で最も頑張り、会社に貢献した人に贈られる賞です!

 2018年度の社長賞は、本社工務部 西村 卓が選ばれました。


 2019年社長賞 (1)


 名前を呼ばれた時は 「え---!」 と非常に驚いた様子でしたが


 2019年社長賞 (2)

その後のスピーチでは、家族思いの心温まるコメントをしてました。

 表彰式の写真も、逆光で顔が見えないものをチョイスする、少し遠慮がちな彼ですが

これを機に工務部だけでなく営業部や設計部にまで、いろいろと意見してほしいと思います。

 2019年以降も大いに活躍してくれるものと期待しています。


 このような博電舎ですが、何卒よろしくお願い致します。



 

 
2019.04.01 Mon l はたらく人々 l コメント (0) l top
みなさま、こんにちは。
舞台機構の博電舎、営業部の宮下です。

今日も新幹線で北上します。

今の時期、新幹線では、
ほぼ必ずと言っていいほど、卒業旅行の大学生か高校生と乗り合わせますね。


私は、卒業を待たずに舞台スタッフの仕事を頂いて、
稽古から本番に立ち会うようになったので、
卒業旅行には行きませんでした。

あの頃、
「もう自分はプロのスタッフとして生きていくんだから、遊んでる余裕はない」と必死でした。

あれから10年以上経って、
当時の自分の状況を考えてみても、
とても旅行を楽しむどころではなかったのは確かです。

でも、卒業旅行の楽しそうな集団を見ていると、
やっぱり、今でもうらやましく思います。


卒業旅行におでかけの方、たくさん楽しんで来てくださいね。


もう、卒業旅行とは無縁な年齢になり、
長時間の移動は疲れが出ます…。

DSC_6719.jpg

朝から、ふかひれスープでパワー注入!

今日もしっかり、頑張ります!!



★おまけ★

DSC_6723.jpg

ホワイトデーにたくさんのお菓子を頂きました。
ありがとうございます!

お菓子長者の気持ちです。


それでは、また。

2019.03.15 Fri l 日々つれづれ l コメント (0) l top
みなさま、こんばんは。

舞台機構の博電舎、営業部の宮下です。


あるホールさんのロビー。
窓の装飾がとても素敵です。

DSC_6691.jpg

15年くらい前、私が舞台スタッフとして活動をはじめたのは3月のこと。

3月末から、初仕事でツアー公演に連れていかれ、
右も左も、上手も下手もわからず、
毎日、ものすごく叱られて叱られて…。

裏の楽屋口から出入りして、
舞台と楽屋を行き来する日々でしたので、
ツアー公演中は、ロビーに行ったことがありませんでしたね…。

ロビーの装飾がきれいだと、
逆にロビーに来ることのなかった、新人時代を思い出します。


さて、今月も
工事に、保守点検に、
作図に、製作に、みんなで力を合わせて、がんばっていきます!

それでは、また。



2019.03.05 Tue l 日々つれづれ l コメント (0) l top
皆さま、こんにちは。

舞台機構の博電舎、
営業部の宮下です。


2月14日は、バレンタインデー!

今年も、感謝の気持ちを込めてチョコレートを贈りました。


毎年、カードに感謝のメッセージを添えているのですが、
今年はこんなデザインにしました。

ooiridesu.jpg


大入り袋!!

簡単に言えば、大入り感謝のご祝儀ですね。

興行で、お客様にも記念品として配ることもありますが、
通常は関係者のみに配られます。

書き方に厳密な決まりは無いようなのですが、
私が在籍していた劇場のやり方に倣って作成いたしました。

写真の「感謝御礼」と書いてある部分に「祝 千穐楽」、
その下に公演名と公演期間、
一番下が主催者の名前でした。

そして、右上は
お渡しする相手のお名前。
(今回は、ここに役員・社員の名前をいれました)

私自身、スタッフ時代は
大入り袋を何度も頂きましたが、やっぱり、毎回うれしいです。


このような経験から
「感謝の気持ちを大入りで」
「大入り袋が頂けるようなお仕事をしよう」
という気持ちで、博電舎のみんなに贈りました。


感謝という振り返りと、
思いやり、という想像力がなければ
いい仕事はできないと、私は個人的に思います。

チーム博電舎、繁忙期の荒波をしっかり泳ぎ切って参ります!

舞台のことなら博電舎へ。


それでは、また。

2019.02.18 Mon l 日々つれづれ l コメント (0) l top