FC2ブログ
みなさま、こんにちは。

舞台機構の博電舎、営業部の宮下です。


今日は、
ホールさんからの要請で改修のための調査に伺いました。

DSC_4777.jpg

この天井裏は立てるところもありますが、
60cmくらいの狭いところを潜らないと
マシンまで辿りつけません。

「エキスパンドメタル」と呼ばれる網のような金属板があるところはいいのですが、
無いところは梁に乗らないといけません。

ボードや細い鉄骨に乗ったら、破損・落下の危険があります。
慎重に足を乗せる場所は選ばなくてはなりません。

歩廊がしっかり確保されている場合もありますが、
ダクト(=送風管)を潜り、梁を渡り、
タイトル通り「道なき道を進む」ということも、よくあります。

私は、身長157cmですが、
男性作業員と比べたら、
もちろん背が小さいし、足も短いです。

足が短い分、ダクトが跨げないから、反対側に行くのに遠回り・・・・・・なんてことも。


それでも、調査はしっかりやりますよ!

舞台のことなら博電舎。
バトン1本だって、お任せください!

それでは、また。

スポンサーサイト
2017.06.07 Wed l はたらく人々 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿