FC2ブログ
みなさま、こんばんは。

舞台機構の博電舎、
営業部の宮下でございます。

ここ数日、朝は挨拶と一緒に「寒いですねーー!」の言葉が出てきてしまいます。

風邪を引かないように注意しなくてはいけませんね。



私たち博電舎では
吊物バトンなど、舞台機構の点検・修理はもちろんですが、
舞台幕の交換や補修も承っております。

Pas1000701.jpg

こちらは、裾の部分が大きく破れています。

よくあるのが、舞台上に持ってきた台車や引き枠という車輪のついた大道具に
袖幕が巻き込まれてしまうパターン。

幕地の状態がある程度よければ、縫って直すこともできます。

しかし、
経年で劣化している幕は、
あて布をして縫っても、幕の重みで、また破れてきてしまうので、
交換をおすすめしております。

幕の種類によって、
クリーニングができるもの、できないもの、
防炎効果が薄れてしまうもの、長く保たれるもの、
いろいろあります。

使い方にあわせて提案いたしますので、
ぜひ、ご相談ください。


舞台のことなら、博電舎!

舞台のこと、いろいろやってます。


それでは、また。

スポンサーサイト
2017.11.22 Wed l アフターサービス l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿